最近なにかと話題になっている中年の熟年離婚。
そんな急に訪れる夫婦の危機を、医学や心理学では「ドルエイジ・クライシス」、
つまり「中年の危機」と呼んでいる。
ちなみに、このドルエイジ・クライシスが起こるのにも、やはり女性のホルモンの変化が影響している。
中年期になると、女性はエストロゲソのレベルが徐々に下がり、
これと共にエストロゲンと深い関係にあるセロトニンの分泌も下降してくる。先にも述べたように、
セロトニンは心を落ち着かせ、安定させるように働く抑制系のホルモン。
このセロトニンが減ってくると心が不安定になる。女性たちは少々毛の薄くなった自分の亭主を見て、
「こんなはずじゃなかった」と現実に対して否定的になったり、
鏡に写る目尻のしわを見て「いつのまにか年をとってしまった」と悲しくなる。
そして「自分の人生はこれでいいのだろうか」と不安になり、
「このまま終われない」という感情にかられるのだ。
そのため、ここ最近、熟女専門の風俗店が多いのです。
正直自分は守備の範囲外ですが、人気があるジャンルです。
やはり年を重ねているだけあってサービスの質が若い女性よりいいらしいです。